全身脱毛が痛いのは仕方がない?

260096 (2)
全身脱毛をしたい!そう思っていても、過去の脱毛において痛みを感じたのであればやはり気が進まないものです。
ワンポイントの脱毛でも強い痛みを感じたのに、それを全身にするとなるとやはりかなり怖くなりますよね。

全身脱毛において痛みというのはかなりの重要なポイントとなっていました。
ムダ毛のないツルツルのお肌になるためには激痛に耐えるしかないのでしょうか。

■現在の脱毛は痛みも少ない?

昔はニードル脱毛というものが主流でした。
このニードル脱毛というのは、針を使用して、その針に電流を流してムダ毛を処理する、というものでした。
つまり針を直接刺して毛穴の中にある細胞を破壊するものなのです。

このニードル脱毛は強烈な痛みがあったために、全身脱毛を途中で断念してしまう方も少なくなかったようです。
しかし、現在主流となっているのは、フラッシュ脱毛です。

光脱毛ともいうのですが、これは毛根のメラニンにのみ光を吸収させてムダ毛を破壊します。
マシンから発生する熱を感じたり、輪ゴムで軽く弾かれたような痛みがあるのですが、非常に弱いものになっています。

ニードル脱毛と比較をするとその痛みは比較にならないほどに小さくなっているのです。
もちろん痛みに個人差はありますが、それでも基本的には痛みはかなり小さいので誰でも気軽に脱毛を受けることができるはずです。

■全身脱毛で痛みが強いのはどこ?

全身脱毛で特に痛みを感じやすい部位はどこなのでしょうか。
脱毛の痛みというのは部位によって変わりますが、痛みが強く出るのはムダ毛が密集している部分です。
つまり脇、デリケートゾーンになります。
しかし、これら以外の脱毛というのは基本的には痛みが少ないので安心して脱毛を受けることができます。

■脱毛に痛みはつきものだけど…

初めて全身脱毛を受けるのであれば、まずは痛みの小さい部位から受けることになると思いますので、まずはどの程度の痛みがあるのか、ということを少しずつ身体で覚えていきましょう。
痛みが少ない光脱毛ですが、あまりにも痛みが強くて我慢できない場合には、無理をしないようにしてください。