脱毛サロンの業界の変化と人気の脱毛部位

近頃の脱毛サロンの世界は格安競争に走っているように思います。
10年ほどの前の時代はそんなことはなかったです。
限られた店舗で総合エステティックをしているところで「脱毛コース」を選ぶのが一般的なパターンでした。
それでもとても高額の料金が必要でしたし、痛みも強かったです。
さらには勧誘も執拗なものだったと思います。

ですが今は違います。
今回は【脱毛サロンの業界の変化と人気の部位】についてお話をしたいと思います。

■チェーン展開をしている脱毛サロン

10年ほど前とは違って今は脱毛専門のサロンやエステが次々と誕生しています。
全国的に展開している大手が増えています。
その理由としては光脱毛(フラッシュ脱毛)の普及が大きいでしょう。
時間もかからないし、技術も要らないからです。

■効果が高く痛みもなければ当然人気がでます。

従来の総合エステサロンの脱毛はある程度の技術が必要でした。
施術にも時間がかかるニードル脱毛だったのです。
これは電気脱毛と呼ばれ1本1本のムダ毛にで電気を通してダメージを与えて毛根を死滅させる方法です。
普及するには難しい要素が多かったです。

一方の脱毛サロンは回転率もいいです。
エステティシャンにも高度のスキルを要求されることもありません。
近頃では1,000円以下で体験脱毛ができるので手軽でしょう。
総合エステサロンのように大々的に宣伝広告を打たないこともリーズナブルな理由です。
店舗のロケーションやインテリアも質素にしてお金をかけないように企業努力もしているようです。

■インターネットでのクチコミ情報系サイトの影響も大きいです

あそこの脱毛サロンは高いとか痛いとか勧誘が凄い……そんな悪評が売上にも大きく影響してきます。
こういったことは脱毛サロンにとって大きな損失になります。
だからこそ安く体験していただくわけです。
自分に合うのか合わないのかを実際に経験していただいて判断して欲しい。
そういった思いがあってリーズナブルな脱毛サロンができてきたのでしょう。

では次にどの部分のムダ毛脱毛が人気なんでしょうか?

■腋の下

腋の下は自己処理回数も頻繁です。
毎日シェーバーで処理する女性も少なくありません。
毛穴がポツポツになっているとか色素沈着して黒ずみになっている女性もいます。

■膝下

こちらも腋の下と同じです。
スカートのファッションの場合は季節に関係ないです。
意外と人目に付きます。
座ったときには視線が近くなるので気になります。

■Vライン

最近は人気急上昇になっている箇所です。
ハイジニーナ脱毛も話題になっていますが、まずはVラインからでしょう。
ハイジニーナのVIOは施術してもらうもの脱毛初心者には恥ずかしいかもしれません。

■ひじの下

春さきのシーズンからは薄着になります。
目立つ箇所です。
膝下のムダ毛よりは薄くて細いですが、光の当たり具合ではキラキラして気になります。

■鼻の下

男性だけでなく女性でもヒゲが気になります。
場合によっては太くて濃い毛が混じっていることもありますのでヒヤリした経験がある女性もいるのではないですか?

■背中の上部

こちらの箇所は自己処理ができません。
脱毛サロンならば安心しておまかせできます。
水着になるときは目立ちますから夏前にはツルツルのお肌にしておきたいでしょう。

■襟足

浴衣のシーズンやお正月など着物を着る場合は髪をアップにします。
普段見えないところですから結構見られます。
浴衣や着物を着るときは注意しましょう。

■手の指や甲

パソコンを使ったりスマートフォンを操作したり。
そんなシチュエーションで意外と目立ちます。
隠しきれない部分ですからムダ毛がないと安心です。

■お腹

おへその周りを見てください。
結構ムダ毛が生えていませんか?

■以上のようにムダ毛が気になる部分は結構多いです。

お尻の穴のOラインも自分で確認できませんが凄かったりします。
これ以外にはIライン・乳輪周辺・もみあげなども気になるならば脱毛サロンに相談してみましょう。